平壌放送


主に海外向け宣伝放送を実施している. 日本向けの放送は1日8時間行われている. 以前は1日12時間放送されていた. しかも,1997年8月4日から局名が朝鮮中央放送から平壌放送に変更された. 朝鮮民主主義人民共和国に関心のある人は一度は聞いてみるとよい.

最初にニュースがあり,次に金日成主席の回顧録あるいは金正日書記の逸話,そのあと主体思想や社会主義に関する解説,連続ラジオドラマ,最後に論説というような内容になっている. 特にニュースは,金正日書記がどこの誰から贈り物をもらったとか,金日成主席あるいは金正日書記の論文がどこの新聞に掲載されたといったように最高指導者の話題に終始し国内の事件・事故はほとんど解説されることはない.

番組の合間にかかる音楽も聴き逃せない. 例えば,あなたがなければ祖国もない金日成大元帥万々歳米帝は南朝鮮から出ていけといった凄まじい音楽がかかる.

TABLEに対応していないソフトウェアを使っている方は,TEXT版の日本語放送の放送時間(日本時間)と周波数を見て下さい.

1999年11月15日に周波数が変更されました. 中波の周波数はアナウンスされませんが,確認した限り,従来通りの周波数で放送されているようです.

日本語放送の放送時間(日本時間)と周波数
放送時間 周波数
中波 短波
06:00-08:00 621kHz 3250kHz 6520kHz 7580kHz
16:00-19:00 621kHz 3250kHz 6070kHz 7580kHz 9650kHz
20:00-23:00 621kHz 3250kHz 6070kHz 6520kHz 7580kHz

受信状態は短波放送としては非常に良い. たまに停波(電力事情のためか?)することがあるので注意. また,中波の621kHzは普通のラジオで聞くことができる. 夜間の放送は比較的聞きやすい. 基本的に1時間番組が2本あり,それの再放送で構成されている.


[目次へ戻る] | [あやしい放送]