日本海軍のデータ


日本海軍が太平洋戦争のとき保有もしくは計画していた艦船と航空機についてのデータです.


艦船

日本海軍の艦種類別では艦船を艦艇特務艦艇特設艦船雑役船に分類していました. 類別の推移については,日本海軍の艦船類別の変遷を参照.

艦艇

日本の艦艇の特徴は,個艦優秀主義で攻撃第一ということでしょう. 結果的に量産性,防御力などが犠牲となっており戦争が長引くにつれ損耗が激しくなっていきました.

太平洋戦争時の艦艇類別は以下のようなっていました.

[注] 軍艦と艦艇の違い

軍艦

艦首に菊の御紋章をつけている. 艦の長は艦長で階級は大佐.

駆逐艦や潜水艦などの艦艇

あくまでもただの艦艇. 艦の長に関しては,駆逐艦の場合は駆逐艦長(艦長ではない!)で階級は中佐. 菊の御紋章は付けていない.


航空機

日本海軍の航空機の特徴は航続距離の長いことにありました. これは海の上を飛行する必要性からいって当然のものといえました. しかし,そのために機体を軽く作り燃料の搭載量を増やしたために防御力のない機体を多く産み出し,戦争後半のパイロットの不足という結果を招くことになりました.

[注] 艦上機と艦載機の違い

艦上機

航空母艦に搭載できる車輪の付いた航空機.

艦載機

戦艦などが搭載していたフロートの付いた航空機.


参考文献・資料


[日本軍の研究のページへ戻る]