呂号潜水艦

潜水艦は,排水量500t以上,1000 t 未満を呂号(ロ号)潜水艦と名前をつけることになっていました.

呂号潜水艦はドイツ海軍のUボートに代表される通商破壊に適した潜水艦といえます. しかし,日本海軍は伊号潜水艦の補助的なものという認識しかもたず,これらの艦種の積極的な運用を考えませんでした. このような考え方に日本海軍の限界があったといえるかもしれません. アメリカに対しての通商破壊は無理かもしれませんが,インド洋を通じて中国への物資援助が行われていましたからインド洋では効果があったはずです. 実際,セイロン島に対する機動部隊の攻撃に呼応して,潜水艦が通商破壊戦を実施し相当の戦果を挙げています.

なお,日本の中型潜水艦は大正時代に建造された海中型を基本に発展しました.


海中型

海中I-IV型は大正時代に建造され,太平洋戦争前に除籍された.

海中V型

ロンドン条約の制限から建造されることになった. 呂28から8年の技術進歩により高性能を発揮したが量産には向いていなかった. 呂33,34の2隻が建造された.


特中型

通商破壊用に建造された. 呂29-32の4隻が建造された.


L型

L1,2型は戦争前に除籍された.

L3型

L2型の改良型. 呂57-59の3隻が建造された.

L4型

L3型の改良型. 呂56-68の9隻が建造された.


中型

海中V型を基本に設計された海中VI型ともいえる戦時急造潜水艦. 通商破壊に向いていたが海大型の補助程度にしか考えられていなかった. 呂35-50,55,56の18隻が建造された.


小型

南方の離島防衛用に開発された. 小型なので外洋の航海能力は不十分. 呂100-117の18隻が建造された.


戦利潜水艦

ドイツより譲渡されたUボート. 各艦データを参照.


[日本海軍のデータのページへ戻る]