電波に音声をのせる方法


どうやって電波に音声をのせるのでしょうか? 電波に信号をのせることを変調といいます. 逆に電波から信号を取り出すことを復調(検波)といいます. ここではそれを簡単に説明します.


AM(振幅変調)

AMとは Amplitude Moduration の略で振幅変調と訳されます. 音声信号に合わせて電波の振幅を変化させることで音声が電波の上にのります. 音声信号を電波にのせる方法としては,もっとも基本的で簡単な方法で昔から使われています.

周波数の成分を見ると,中心に搬送波,その両側に対称に音声信号(側帯波:SBという)があります. 搬送波とは音声信号をのせる元の電波のことです. だから,ラジオ放送局の周波数というのは搬送波の周波数のことです. 図を見ると隣に放送局があると混信する理由が分かると思います.

利点としては,信号を作るのが簡単,復調がしやすい. 欠点としては,雑音を拾いやすい,混信しやすい.

より詳しく知りたい人は,数式であらわしたAM信号の作り方を参照して下さい.

AM信号の作り方

AM 信号の概念

音声+搬送波→AM 信号 (振幅変調)

AMの周波数分布

AMの周波数分布(スペクトル)の概念

真ん中に搬送波(carrier)があり,両側に対称的に音声信号である側帯波(LSB,USB)が存在する. 側帯波が隣の放送局の側帯波と重なると混信が生じる.


FM(周波数変調)

FMとは Frequency Moduration の略で周波数変調と訳されます. 音声信号に合わせて電波の周波数を変化させることで音声が電波にのります.

利点としては,雑音に強い,混信しにくい. 欠点としては,帯域が広くなってしまうので高い周波数でしか使えない.

FM信号の概念

音声+搬送波 → FM信号 (周波数変調)


[ラジオの遠距離受信のテクニックの目次に戻る]