製作中のループアンテナ


私が製作中のループアンテナを紹介します.

アンテナを撤去しなければならなくなったため作業中止です.(2002/04/24)

追記

撤去前に共振周波数を調べたので書いておきます.

1辺の長さ2.5m,直径3mmのアルミ線を4回ソレノイド的に巻線間隔3cmで巻いたところ,同調下限周波数が480kHz,同調上限周波数が1570kHz程度でした. このため,インダクタンスを下げるように巻き方をスパイラルに変更することを検討中に撤去しなければなりませんでした.


アンテナの目標


2001年4月に一度完成したアンテナ. 性能に満足できなかったので作り直している.

現在の状況

同調部

ギアボックス周辺の配置写真
アルミケースに納めたギヤーボックス,電池,ポテンションメータ,リレーの様子.

バリコンとの接続写真1
板とバリコンの軸が平行になっていないのは私の加工精度が悪いため.

バリコンとの接続写真2
アルミケースに見えているのはリレー制御,ポテンションメータのためのコネクタである.

アンテナ部


アンテナの高さはほぼ2階の床程度. まだ,線は巻きつけていない.


アンテナの土台は写真のように張り線をした. 2002年4月3日夜から4日朝にかけて,かなりの強風があったが大丈夫だったので強度は思ったよりあるようだ.


クロスマウントは25cm×25cmの木の合板. ちなみに,上に見える送電線が電波を再送信しており指向性を狂わせていると思われるがどうしようもない.


[ラジオの遠距離受信のテクニックの目次に戻る]