私の持っているラジオとアンテナ


SONY ICF-SW7600GR

同期検波回路がついている長波から短波までバランスよく使えるラジオ. ポータブルタイプのラジオではSSB受信が使えないことが多いのだが,この機種のはかなりよい. 同期検波もかなり強力でロックもしっかりしているようだ. アッテネータがついているのも特徴なのだが,AGCのためか効き方が急激過ぎるような気がする. 音質は聞き取りやすいが,高音部は出ない.

SONY ICF-EX5

さる方より安く譲っていただいたもの. 性能は定評の通り. 同期検波がついて,この値段ならお徳. 欠点は音質があまりよくない(高音部). 長時間になると疲れてしまうこと.

ICOM IC-R75

オプションのDSPを使って受信すると雑音がきれいに除去される点は感心した. アンテナは自作ループアンテナを使用. さすが本格的な受信機なのでUSBやLSBの音質は良好. AMだと雑音が多く埋もれてしまう信号がUSBやLSBなら浮き上がってくる. 値段の割にお得な受信機だと思う. ちなみに,AMの同期検波はおまけ程度のもので使えるとは言いがたい.

2002年6月現在,静岡からAM KOBE,山梨放送,AFN,TBS,朝日放送,CBC,文化放送,KBS京都,毎日放送,ニッポン放送,ラジオ大阪,東海ラジオ,ラジオ日本,栃木放送などが日中に受信可能.

SONY ICF-B200

非常用のラジオ. 特徴は発電機が内蔵されており,電池がなくても聞けるということ. 感度などは今ひとつだが,旅先などに持っていくときにも電池切れを心配しなくて済むのは有り難い.

SONY ICF-SW55

現在の主力機. 感度が非常によいのでアンテナを特につながなくても遠距離局が受信できる. ただし,周波数によっては内部ノイズがひどいところがある.

SONY ICF-SW100S

最近故障してしまった. 同期検波機能がついているので混信やフェージングの除去に威力を発揮してくれる. 特にジャミングのかかっている地下放送の受信にはよい. 放送局のメモリー機能が非常に便利で気に入っている. またカセットケースサイズなので旅行の時などは便利. これでAMステレオに対応すればいうことなし.

SONY SRF-M100

AMステレオが聞けるラジオとして購入. 小型なので持ち運びに便利.

ICOM IC-R72

自作のループアンテナとロングワイアーアンテナをつないであるので遠距離受信に有効. 昼間の名古屋でも,朝鮮中央放送の621kHz,山梨放送TBS文化放送ニッポン放送などを聞くことができた. 中・短波の受信には強い味方.

アイワ ミニコンポ XG-300

AMステレオの受信とCDプレーヤーが欲しくて購入. 受信にはミズホ通信のループアンテナ(UZ-DX8)をアンプなしで使っている. 夜なら関東の放送局を大体ステレオで聞くことができる. CDプレーヤーが壊れているので困っている.

遠距離の局や混信がひどい時は,これらのラジオを複数使用して補い合う様にしている.


[ラジオの遠距離受信のテクニックの目次に戻る]