ちょっとしたテクニック


ここではラジオを聞くときにできる簡単なテクニックを紹介します.


雑音を抑えるには?

ラジオを聞くときに雑音は非常に邪魔になります. 雑音の発生源としては,テレビ,蛍光燈,コンピューター,高圧線,雷,静電気などがあります. このうち雷など自然現象に由来するものはあきらめるしかありません. ラジオを聞くときにはなるべく他の電気製品を使わないようにしましょう. できないときは,それらからラジオをできるだけ遠ざけるようにしましょう. ただし,白熱電球など内部で高周波を発生させないものは大丈夫です.

また,ラジオの電源をコンセントからとっていると雑音がひどくなることがあります. ラジオの電源は電池の方がよいでしょう. ただ,電池は消耗が激しいので難しいかもしれません. コンセントから電源を取っていて雑音がひどいときは,コンセントに差すプラグの向きを反対にしてみましょう. 片方がアースになっているので雑音が軽減されることがあります.


混信を減らすには?

遠くのラジオを聞くときは混信が邪魔になります. 混信を完全に取り除くのは無理ですが軽減することはできます. まず,ラジオをゆっくりと動かしてみましょう. すると,感度が変化するのがわかると思います. これはラジオに内蔵されているバーアンテナの指向性によるものです. ラジオをゆっくり動かしていくと音がほとんど聞こえなくなる場所が2個所あります(夜間でなく昼間にやってみましょう). この場所を混信してくる放送局の方向に向ければ混信を軽減できます. ただし,聞きたい放送局も同じ方向にあるとだめですが…


ラジオの感度を上げるには?

ラジオの感度を上げるのに簡単な方法があります. 電話機のコードにラジオを近づけてみましょう. これだけで感度が上がるのがわかると思います. 同様にコンセントに近づけても感度が上がります. しかし,同時に雑音も大きくなる可能性が高いので注意が必要です. 都会では雑音がひどくなる確率が高いと思います.

ラジオの置き場所に注意しましょう. トイレやお風呂などで感度がよいこともあります. ラジオを持っていろいろ場所を変えるのも効果があります.

特に,建物が鉄筋で出来ている場合は, 窓際にラジオを持っていく, アンテナを窓の外に設置する, などの工夫をしないと良好な受信は期待できません.


ラジオの録音について

ラジオ番組の録音には何を使っていますか? カセットテープだと音もあまり良くないし長時間の録音にも向いていません.

そこで,私はビデオテープを使っています. ビデオテープならば120分テープを3倍で使えば最長6時間の録音が出来るし,タイマーがついているので留守録にも便利! さらに,HiFiのビデオデッキならばFMやAMステレオの録音にもってこいで, しかも音質はカセットよりもはるかにいいのです. 今はカセットテープよりもビデオテープの方が安いのでお薦めです. さらに必殺技として HiFiの場合は左右の音声に別々のラジオをつないで同じ時間の番組を同時録音が可能です!!

しかし,最近は他のメディアが手軽になって来たので,それらを使うという方法もあります. 例えば,MDはその代表例でしょう. モノラルの録音ができるタイプならば倍の時間録音できます. 他には,パソコンを使うという方法もあります. 例えば,Real Audio や MP3 などで圧縮させれば,かなり小さいサイズのファイルにできます. このようにデジタル化しておけば音は劣化しません.

パソコンを利用してラジオを録音することについては,ラジオ録音倶楽部[PCラジオ録音の研究]に紹介されている方法が役に立つでしょう.


[ラジオの遠距離受信のテクニックの目次に戻る]